Posted on

リポビタンに含まれる栄養素タウリンについて

みなさんは、普段疲れたときや、野菜不足などからくる、栄養不足を何でおぎなっていますか?やはり、普段の食事からとるのが一番ですが、食材からとるには現代人はアレルギーの関係などから難しいことも多いでしょう。

そこで、おすすめなのは、タウリンなどの栄養素がふくまれているリポビタンなどのドリンク剤です。この、リポビタンなどにふくまれているタウリンとは、含硫アミノ酸のことで、これは、アミノ酸と間違われがちですが、違う成分となります。

含硫アミノ酸には、体や細胞を正常状態で保つ作用、ホメオスタシスがあります。また、タウリンには血圧上昇に対する、下降作用もあり、とくに肝臓に対して働きかける作用があります。

また、タウリンを摂取すると、身体機能も上がるというデータもあり、スポーツをしている人なども、とるとよい成分と言えるでしょう。このように、普段の生活において、栄養を簡単に摂取するにはとても、よい方法です。

そしてタウリン摂取は栄養ドリンクだけでなくサプリメントの形でもあります。タウリンサプリの比較もしてみてください。

 

強い肝臓を作るにはバランスの良い食事が重要!

肝脂肪がどんどん割合をまし、肝臓の機能が低下する状態を「脂肪肝」といいます。脂肪肝は放置していることで、肝硬変へ肝がんへと発展する可能性をもっており、見過ごすことができない症状です。

脂肪肝になる原因は、過度のアルコールの摂取、メタボリック、糖尿病などです。特に、飲酒や、脂肪分の多い食事をしている方は注意が必要です。

大学病院のドクターが推奨する肝臓を強くする方法は、バランスのよい食事をとることです。主食には、パンやご飯、主菜には、肉、魚、タマゴ、大豆などの良質なタンパク質を、汁物には、オルニチンやタウリンが豊富に含まれるしじみ汁などが有効です。

そのほかにもビタミンの補給が肝臓の働きを助けます。また、感染症によってかかる肝臓の病気に、C型肝炎があります。C型肝炎は、20代などに急に身体の不調を訴える場合に疑われる症状です。

若いから、脂肪肝になっているはずがない、と高をくくらずに、C型肝炎の疑いもありますので、医療機関での精密検査を受けましょう。

 

二日酔いから守るために摂取しておくと良いもの

二日酔いになることで気分が落ち込むだけではなく、大変な状態になってしまいます。そのために予防を行うか二日酔いになった後に対処をすることで解決できることもあるのです。

予防を行うためにはお酒を飲む前や飲んだ後にラーメンやしじみ関連のものを食べることで上手くいくことがあります。ラーメンなどはアルコールの影響を軽減させてくれるために、食べることで二日酔いの影響を抑えることが出来るのです。

また、利尿作用を上手く利用してアルコールを残さないようにすることも重要となります。この場合に緑茶などを多く飲んでアルコールを身体の外へ出していくというのも有効となっているのです。

そのためにお酒と共に緑茶などを上手く飲むことも重要であり、アルコールだけを飲むようにしないことも求められます。

楽しいお酒の中でも冷静に行動していくことが重要で、ラーメンなどで内臓を守りつつ、緑茶などでアルコールを出すことで軽減することが出来るようになります。